自己破産

自己破産

債務者が経済的に破綻して、総債権者に対して債務を弁済することができない状態にあることを破産といいます。定義や手続きの流れについて。

おすすめ館 > 自己破産

自己破産とは

債務者が自ら破産を裁判所に申立てることをいいます。
一部の例外(免責不許可事由)を除き、
債務者が借金などを弁済不能と裁判所が認めた場合に成立します。

債務者は必要最低限の生活費、財産以外を全て債権者に返済するかわりに、
残りの借金の支払義務を免除してもらうことができます。
詳しくは専門家に無料で相談できます。(右の画像をクリック!)

自己破産手続き

原則として債務者本人の住所地または居所を管轄する
地方裁判所に対して申し立てを行います。

必要書類を提出し、審問を受けた後、
破産手続開始決定が裁判所に認められます。

次に破産管財人が債務者の財産を処分し、
債権者に配当して破産手続が終了します。

最後に免責許可の決定が下されると、
債務の支払いが免除されます。

手続きが可能なケースと不可能なケースがあるので、
専門の事務所に相談してみてはいかがでしょうか。
こちらは相談だけなら無料です。
   ↓   ↓   ↓
▼借金問題に専門特化した妥協なき過払い請求と極限の交渉術でおこなう債務整理

自己破産 トップへ戻る